ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ

2017年3月13日(月)

お餅とお団子の違いは?

『料理の違いが、よくわからない』

外国の料理を食べると疑問に思ったりしませんか?

 

たとえばインドのカレー。日本人が見ればどれもスパイスたっぷりで全部カレー。

でもインド人いわく、『これはカレー。でも、そっちは違う。』

 

たとえばベトナムの麺。

『これはフォー、それはブン、こっちはフーティウ。』

 

うーん、何がどう違うの?

疑問をぶつけても、明確な答えが返ってこないことがほとんど。

この違いの見分け方って実は【感覚】。

生まれ育った環境で、自然と食べてきたからこその【感覚】。

 

もちろん日本人もこの【感覚】をしっかり持っています。

だから、うどん、そうめん、冷麦、きしめん、ほうとう、などの違いは、見れば食べれば、皆様わかっていらっしゃいますよね?

 

では、お餅とお団子の違いは?

見ればわかるよ~!

うん、その通り!

日本人100人いれば、98人はまずは見た目で違いがわかるはず。

 

では見た目以外の違いは何?

こう聞くと、正しく答えられるのはおそらく100人中5人くらい。

 

お餅は、もち米を蒸してついて、ちぎって丸くしたり、平たく伸ばして切ったもの。

お団子は米の粉を水かぬるま湯を加えこねて丸め、蒸したりゆでたりしたもの。

うるち米の粉100%のものもあれば、一部もち米の粉を加えたものなど、配合はいろいろ。

味も食感も配合で変わります。

 

あなたは5人のうちに入っていましたか?

 

【Q9お餅と団子の違いのこぼれ話:米の粉もいろいろ?】

知りたい方はメルマガ登録へ!

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。