ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ

2017年7月24日(月)

平成29年度:四種の梅シロップ結果報告

例年は青梅で作るシロップでしたが、

今年は初の冷凍完熟梅で作るシロップにも挑戦。

しかも、白砂糖・氷砂糖・ざらめ糖と、3種類の砂糖で仕込んでみた。

右から、

①青梅シロップ:濁りが特長。味も青梅らしいえぐみもしっかり。でも私はこのえぐみ好き!

②完熟梅白砂糖シロップ:すっきりとした味と色が特長。

③完熟梅ざらめ糖シロップ:色も茶色く、味もこくがあり、梅酒のアルコール抜きのようなお味。

④完熟梅氷砂糖シロップ:白砂糖よりじっくりゆっくり溶けるためか、白砂糖より味も色も少し深め。

 

こんな結果となりました。

個人的には①の青梅シロップ派。

漬け終わった梅も。青梅はカリカリ、完熟梅はしっとり梅ジャム風で、これまた青梅派な私。

でも子どもたちには完熟のほうが飲みやすいみたいです。

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。