ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ

2017年5月8日(月)

立夏の頃の幼稚園児のための和風弁当2017

娘たちが幼稚園児だった頃、毎日作り続けた幼稚園児和風弁当。

形は可愛いが地味な漆弁当箱に、いかにもな和のおかず。

キャラ弁人気な時代に、あえて時代に逆行したかったのかも?

 

その頃毎朝写真を撮っては、料理のある風景ブログに掲載していたものを、

一部コラージュ写真にして再アップ。

 

季節のランチョンマットやあしらいとともにの、幼稚園弁当。

二十四節気ごとにまたコラージュしていきます。

 

今回は立夏の幼稚園弁当。

 

29年秋からは、この子ども向け和風弁当の親子講座を開講予定。

興味ある方は、問い合わせフォームから。

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。