ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ

2018年1月3日(水)

年末恒例・鏡餅作り

毎年年末には、鏡餅とお雑煮用のお餅つき。

親戚分もあるため、ほぼもち米二升!2回に分けてつきます。

とはいえ、使うのは機械の餅つき機。

炊飯器くらいの大きさです。

我が家の鏡餅は、ご近所で手に入るもので作ったシンプル鏡餅。

三方・御懐紙・裏白・自家製鏡餅・橙代わりの葉付きみかん。

三方が小さいためお餅も小さめ。橙ではバランス悪いので、毎年みかんで代用を。

 

昨年末のお餅つきでは、小三の次女が可愛いミニ鏡餅を作ってくれたので、

木の皿に裏白代わりの菊の葉と、橙代わりの金平糖を飾り、神棚にお供え。

この神棚、本格的なものではなく、

出雲大社の生弓生矢と、神棚お供えセットで作った簡易神棚。

これでも十分神棚としての風格あり!で、おススメです。

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。