ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

for foreigners
日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ
日本和食卓文化協会のインスタグラムはこちら

2020年2月10日(月)

菱餅の色の並びのナゾ①七段飾りの五段五色菱餅.令和二年版

毎年この時期になるとブログで書いている、菱餅の色の並びのナゾ。

先日、某テレビ局から、クイズ番組の問題に使いたいから正しいか確認したい、と電話あり。

毎年この時期は、菱餅やお花見団子の色並びの質問がやたらめったら多くなる。

 

毎年書いていますが、復習を。

 

■菱餅の段数の違い

1・七段飾りの雛人形の菱餅は、基本五段菱餅。そして下から上に行くにつれ、少しずつ小さくなっているのが特長。

2・最近の親王雛(女雛と男雛)などの雛人形の菱餅は、三段菱餅が主流。上に行くにつれ少しづつ小さくなっているのものありますが、三段同じ大きさが今は主流。

 

では、まずは

●七段飾りの菱餅の色並びについて・・・

①下から、白、緑、桃色、黄色、赤の五段が多い↓

この場合は、白(雪)、緑(植物・葉)、桃色(花)、黄色(月)、赤(太陽)と、

地面から天までを表しているのですが、実は五段菱餅にはコレとは違う並びも時々あるのです。

 

②下から、白、桃色、緑、黄色、赤の五段。緑と桃色の位置が逆転しているパターン↓

この菱餅は、東京世田谷の国立成育医療研究センターの七段飾りのものです。

今ちょうどロビーに飾ってあるので、行けば見られます。

これは病院所蔵の雛人形ですから、菱餅の色のナゾなど分かるはずもなく・・・

 

③下から、桃色、黄色、白、緑、赤。逆転どころか、まったく違う並びの菱餅↓

うーんこれはいったいどうしたものか?

この菱餅は、昨年2月の東京世田谷の静嘉堂文庫美術館で飾られていた、

三菱の岩崎家の七段飾りの菱餅。

ポスターにあった、この菱餅のナゾが知りたくて見に行ったのですが、

学芸員さんもこの並びの意味は分からないとのこと。ナゾのまま、です。

 

このように、

基本の並びは、①なのですが、違う並びもあり、なぜ違う並びも存在するのか?は、

雛人形自体が昔に作られているものも多く、ナゾのまま、永遠に解決できないなのです。

 

三段の色並びは次回へ続く。

 

 

 

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。