ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ

2017年4月29日(土)

端午の節句は花菖蒲

GWに入り、端午の節句まであと少し。

花屋にも花菖蒲が並ぶようになりました。

【いずれ、あやめか、かきつばた】と言われるように、

アヤメ科の植物は、みんなよく似ていて区別が難しく。

しかもこれら日本のアヤメ科品種は、旧暦5月・今の6月が見頃。

新暦の端午の節句に合わせて、5月にアヤメ科の外来品種・アイリスも、いろんな種類が店頭にも庭先にも咲き誇り、ますますよくわからくなります。

 

かくいう私もアヤメ科の区別はまったく自信なし!

並べてあれば何となく・・ですが、単独では、笑ってごまかすしかありません!

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。