ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ

2017年4月18日(火)

甘夏VSはっさく

3~4月になると旬を迎える夏みかん、甘夏とはっさく。

 

私は子どもの頃、ずっと疑問でした。

冬から春にかけて食べるのに、なんで夏みかん?と。

 

答えは、

初夏まで食べることが出来るみかんだから、だそう。納得。

 

そんなこの2つの大型みかん。

見た目かなり似てて、区別難しい・・・

お店で個別売りを買おうとすると、店員も判別付かず。

 

ですが、むいて食べればすぐわかる!

甘夏は汁が少しありますが、はっさくは汁無し。

だからこそ、【はっさく大福】が作れるんですよね~

【はっさく大福】は広島発祥。

最近は【レモン大福】なるものまで出ていて期待ワクワク、で買ってみたら・・・

大福の餅がレモン味の、はっさく大福でありました。

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。