ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ

2017年5月7日(日)

子ども和食卓育:端午の節句の話と柏餅作り

4月二回目の『未来のママのための食卓文化の食卓育教室』は、端午の節句と春の植物の話。

そしてつぶあん・みそあんの二種類の柏餅作り。

春の植物は花盛りで、たくさんありすぎて覚えるのは大変!

でも写真を一同に並べると華やかで、春爛漫。

端午の節句のいわれや意味、立身出世って何?も学びます。

 

子どもでも作りやすい、レンジを使う簡単柏餅ですが、熱々をこねながらつく作業は子どもにはかなりハード。

つき加減はあともう一歩でしたが、かなり美味しい柏餅の出来上がり!

 

赤ちゃんとママむけの、『ママのための食卓の食育教室』が3年、そのあと小学生向きにリニューアルして5年。

この5月から、

『日本和食卓育キッズアンバサダー講座』となり、また新しくスタートします!

 

キッズアンバサダー手帳も完成し、14日(日)が第一回のクラス。

楽しみです。

 

日本和食卓育キッズアンバサダー講座HP ←クリック

クラス内容詳細blog←クリック

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。