ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ

2017年3月29日(水)

3/25ふなっこ畑親子お弁当教室

今回で4回目となった、千葉県西船橋のJA直売所・ふなっこ畑での親子料理教室。
メニューはもうすぐお花見♪の、親子でお弁当作り。
千葉県産のお野菜や、主催の石井食品おなじみお弁当ミートボール、ちらし寿司・かしわ飯のもとなどを使って、
【可愛く正統派】な、お花見団子仕立て和風弁当。

お弁当メニューはすんなり決まったけれど、
難航したのはお弁当箱選び。

お弁当箱は、フードスタイリストである私にとっては、料理内容以前にとっても大事なもの。
料理を生かすも殺すも器次第。
イメージに合う器があって初めて、料理を作るのも、盛り付けるのも楽しくなるのです。

さてお弁当。
船橋産の小松菜で包んだミートボールが主役、そして二種類の可愛い物相ご飯が脇を固めます。
正統派弁当を一から作るのは大変だけど、こんな風に市販品をうまく利用すれば、子どもも一緒にお弁当作りを楽しめます。

さあ、このお弁当持ってどこへ出かけようか?ウキウキしてきます♪

一般社団法人日本和食卓文化協会では、平成29年秋より、
『親子和食卓育プレキッズお弁当講座』を開催予定。

 

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。