ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ

2017年6月1日(木)

1day入門講座始めます!

5月に開催した、
『日本和食卓文化マイスター初級講座』第一期。

受講生の皆さんの感想やご希望をお聞きして、6月後半から、新しく
『日本和食卓文化1day入門講座』を始めます! (旧1day体験講座)

初級のカリキュラムの中から、まず初めの一歩にふさわしいものをセレクトした、
3時間のショートクラス。

セレクトカリキュラム内容は、
【和食卓の変遷と箸・器の歴史~日本人はなぜ器を持ち箸で食べる?】

実際に参加された受講生の皆さんのリクエスト内容なので、楽しんで学べること間違いなし!
太古の昔から平成の今日まで、時代時代の食卓に座り、器と箸を手にしての体験型セミナー。
正座できる気楽な服装でご参加を。
お箸の歴史、持ち方動かし方、正しい食事の仕方など、
日本の和食卓のルーツをたどりながら、未来の和食卓を一緒に考えましょう♪

週末・平日などに随時開催しますので、案内希望の方はメルマガ登録へ!

★6・7月半ばまでの入門講座
6月21日(水)・25日(日)・29日(木)
7月1日(土)・2日(日)・5日(水)・11日(火)

10:00-13:00 3H 7,000円(消費税別)

 

【和食卓文化マイスター】とは、
日本の旬、四季折々の伝統行事食やお供え物、和食・和菓子、和食器・盛り付け・道具・文様・植物・風習の決まりごと。

そして、自然の恵みにいただきますと感謝を述べ、箸と器を持って丁寧に食事する、という、心と五感で感じる美しい「和食卓文化」を理解し、和食・和菓子を美しく料理し盛り付けする「心と感覚と知識」を持ち、かつ、それを伝えることができる人のこと。

日本和食卓文化協会について・講座案内申込フォーム←クリック

 

 

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。