ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

for foreigners
日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ
日本和食卓文化協会のインスタグラムはこちら

日本和食卓育キッズアンバサダー講座

和食卓文化を体験的遊びを交えて「学び」、実際に和食和菓子を「作って食べる」五感を育てる小学生の和食卓育講座。 2008年から二十四節気の季節の移り変わりに合わせ開催してきた、小学生向けの和食卓育教室をベースにした講座。

受講者は「日本和食卓育キッズアンバサダー」に任命し、「オリジナルもちくん手帳」を交付。 参加した講座内容の証明シールを毎回貼ります。 ★開催済みのキッズ講座風景とクラス内容は←コチラ

 
日程 時間 (3時間30分) 内容
平成31年2/24(日) 14:00〜17:30 弥生【桃の節句のお話と箸置で季節を学ぶ・春の和菓子作り三昧】 ひな祭りのお話と、箸置を使った季節当てゲーム、春の可愛らしい和菓子作り♪ 小正月の花餅を揚げて雛あられ・道明寺桜餅にいちご大福の三種を作ります。 実習:花餅で雛あられ・道明寺桜餅・いちご大福 ★過去の弥生クラス風景
3/2(土)・3/3(日)
4/6(土)・4/7(日) 14:00〜17:30 卯月【春の旬と四種のだし味比べ・餅と団子の違いの和食卓文化のお話 :竹の子料理とわらび餅作り】 春の旬食材を見て触って体験し、NHKチコちゃんでお話した 「餅と団子の違い」をもっと深く学びます。 実習/若竹煮、わらび餅、だし四種の取り方と味噌汁 ★過去の卯月クラス風景
4/14(日)
5/11(土)・5/12(日) 14:00〜17:30 皐月【旧暦で祝う端午の節句と日本の伝統調理道具: 節句料理と西日本の柏餅作り】 端午の節句の意味いわれや飾りへの思い、昔ながらの日本の 調理道具の使い方を学びそれを使って行事料理に挑戦! 実習/海老の湯葉巻き揚げ・竹の子ご飯・西日本のカタラ柏餅 ※GWのため日程が変則的です。ご注意下さい。 ★過去の皐月クラス風景
5/19(日)
6/2(日) 14:00〜17:30 水無月【梅雨時の保存食の知恵と植物・ちまきと梅と赤紫蘇】 もうすぐ梅雨入りのこの頃は保存食。 保存に使う植物の効能を学び、作ります。 実習/出雲の笹巻き(ちまき)・梅の保存食・赤紫蘇ジュース (予定・食材の流通によって変更あり) ★過去の水無月クラス風景
6/8(土)・6/9(日)
6/30(日)※6月です 14:00〜17:30 【文月:七夕、予定】 ★過去の文月クラス風景
7/6(土)・7/7(日)

参加回数ごとに協会オリジナルもちくん缶バッジプレゼント

  
入会金
5,000円(消費税別)
授業料金
体験親子参加費 5,000円(入会金無し・初回参加限定)毎月参加レギュラー生徒は1,000円引きの4,000円(実習材料費・テキスト代込/消費税別)
支払い方法
体験参加=銀行振込(三菱UFJ銀行)・クレジットカード レギュラー参加=銀行口座振替

※体験参加の場合は手帳の交付はありません。 但し、1ヶ月以内に入会すると、後日参加シールを交付、バッジプレゼントの回数にカウントされます。 ※時間延長の可能性があるため、お迎えの場合は30分前にお電話ください。 ※空席がある場合のみ体験参加をメルマガにて募集します。 ※塾保険に加入いただく場合がございます。その場合は別途お知らせいたします。

*ご遠方からご参加いただく方へ* 基本は子どもだけの講座ですが、遠方からの参加により保護者様待機の場合、 または未就学児との親子参加の場合は別途1,500円(消費税別)がかかります。 もしくは、近隣のコンビニにはイートインもございます。 梅ヶ丘図書館・世田谷図書館、幼児連れなら羽根木公園・若林公園もおすすめです。

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。