ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

for foreigners
日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ
日本和食卓文化協会のインスタグラムはこちら

日本和食卓キッズアンバサダー講座

和食卓文化を体験的遊びを交えて「学び」、実際に和食和菓子を「作って食べる」五感を育てる子どもの和食卓育講座。
2008年から二十四節気の季節の移り変わりに合わせ開催してきた、子ども向けの和食卓育教室をベースにした講座。

受講者は「日本和食卓育キッズアンバサダー」に任命し、「オリジナルもちくん手帳」を交付。
参加した講座内容の証明シールを毎回貼ります。

 
日程 時間 (3時間30分) 内容
平成30年10/28(日) 14:00〜17:30 【霜月:年の瀬の行事のお話と和食卓変遷②、新豆で味噌豆腐作りに挑戦】
新大豆を使って、味噌作りと豆腐作りと日本の豆を学び、
和食卓の変遷②明治から平成を体験。
そして年の瀬の伝統行事、酉の市・七五三・羽子板市などの伝統文化を学びます。
実習:豆腐作り、味噌作り
過去の霜月クラス風景
11/3(土祝)・11/4(日)
12/1(土) 12/1(土)15:00〜18:30 12/9・16(日)14:00〜17:30 【師走:ニッポンのお正月・おせち料理とお雑煮】
お正月料理や室礼の意味いわれを学び、おせち料理とお雑煮を作ります。
実習:おせち・お雑煮、内容は霜月クラスの子どもたちのリクエストで決定予定。
★過去の師走クラス風景
12/9(日)・12/16(日)
平成31年1/6(日) 14:00〜17:30 【睦月:小正月の花餅・冬の旬と漬物作り、ニッポンの漆器】
お正月前後の伝統行事や小正月の話、
日本古来からの伝統和食器の漆器と冬の旬を学びます。
実習:柳枝に花餅作り・冬の漬物二種(白菜漬・柚子大根)・美味しいご飯を鍋で炊く
※冬休みのため日程が変則的です。ご注意下さい。
過去の睦月クラス風景
1/12(土)・1/13(日)
1/27(日) 14:00〜17:30 【如月:節分立春と八百万の神様のお話・恵方巻と福豆作り】
旧暦のお正月、節分立春と日本ならではの神様たちのお話。
恒例・恵方巻作りと、今年は福豆も手作りします。
実習:恵方巻・縮みほうれん草のお椀・福豆(煎り大豆)
過去の如月クラス風景
2/2(土)・2/3(日)
2/24(日) 14:00〜17:30 【弥生:桃の節句のお話と箸置で季節を学ぶ・春の和菓子作り三昧】
ひな祭りのお話と、箸置を使った季節当てゲーム、春の可愛らしい和菓子作り♪
小正月の花餅を揚げて雛あられ・道明寺桜餅にいちご大福の三種を作ります。
実習:花餅で雛あられ・道明寺桜餅・いちご大福
過去の弥生クラス風景
3/2(土)・3/3(日)

参加回数ごとに協会オリジナルもちくん缶バッジプレゼント

  
入会金
5,000円(2年分年会費込/消費税別)
授業料金
1回 4,000円/体験参加 4,000円(1回のみ)(実習材料費・テキスト代込/消費税別)
支払い方法
体験参加=銀行振込(三菱UFJ銀行)・クレジットカード レギュラー参加=銀行口座振替

※体験参加の場合は手帳の交付はありません。 但し、1ヶ月以内に入会すると、後日参加シールを交付、バッジプレゼントの回数にカウントされます。 ※時間延長の可能性があるため、お迎えの場合は30分前にお電話ください。 ※空席がある場合のみ体験参加をメルマガにて募集します。 ※塾保険に加入いただく場合がございます。その場合は年会費に含まれます。

*ご遠方からご参加いただく方へ* 基本は子どもだけの講座ですが、遠方からの参加により保護者様待機の場合、 または未就学児との親子参加の場合は別途1,500円(消費税別)がかかります。 もしくは、近隣のコンビニにはイートインもございます。 梅ヶ丘図書館・世田谷図書館、幼児連れなら羽根木公園・若林公園もおすすめです。

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。