ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

for foreigners
日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ
日本和食卓文化協会のインスタグラムはこちら

初級ブロンズマイスターコース

日本の旬、和食器や盛り付けの基礎、基本の伝統行事と行事食を理解し、日本の四季の和食卓を楽しむ「心」を持つことを目指します。
2019年1月からは、【月1回×12回講座の1年間コース】、そして2020年からは遠方の方も受講可能な【通信講座】も開講予定で、
お好みのスタイルをお選びいただけます。
いずれかの講座をすべて受講された方に認定証をお渡しいたします。

■月1回×12回講座の1年間クラス。
春夏秋冬、四季の変化に合わせた【和食卓文化全般】や【伝統行事食】【和食】【おうち和菓子】
【保存食】と、その【盛り付け】を学びます。
1年で1コース、基本は毎月第三金曜土曜の午前の2クラス。随時入会できます。初回のみ入会金無しの体験参加可能。

日程 時間 (3時間30分) 内容
睦月:2019年1/19(土)1/21(月)
午前 ※1月のみ平日は月曜
10:00-13:30 ●睦月【正月前後の伝統行事・小正月と冬の旬】
講義/正月前後行事・小正月の和食卓文化風習、ハレとケ、冬の旬
料理実習&盛り付けレッスン/花餅・白菜漬物・柚子大根・ぜんざい
ー・-・-・-・-
●如月【節分立春・八百万の神様】
講義/節分立春の和食卓文化風習、二十四節気、八百万の神様
料理実習&盛り付けレッスン/恵方巻・玉子豆腐椀
ー・-・-・-・-
●弥生【ひな祭り①梅桃桜文様の見分け方】
講義/ひな祭りの和食卓文化風習、春の文様
料理実習&盛り付けレッスン/松江の花もち・菱餅風三色かん・雛あられ
ー・-・-・-・-
●卯月【春の旬・だしの味比べ】
講義/春の旬、だし
料理実習&盛り付けレッスン/若竹煮・竹の子ご飯・姫皮の梅和え
如月 2/15(金)2/16(土)
午前
10:00-13:30
弥生 3/15(金)3/16(土)
午前
10:00-13:30
卯月 4/19(金)4/20(土)
午前
10:00-13:30
皐月 5/17(金)5/18(土)
午前
10:00-13:30 ●皐月【端午の節句・旧暦と新暦】
講義/端午の節句の和食卓文化風習、旧暦と新暦
料理実習&盛り付けレッスン/柏餅・お造り(鰹・鯛)・青豆ご飯
ー・-・-・-・-
●水無月【葉で包む日本の保存食の知恵】
講義/日本全国のちまき地図、包むための植物
料理実習&盛り付けレッスン/笹ちまき・遠州ちまき
ー・-・-・-・-
●文月【七夕・夏の旬】
講義/七夕の和食卓文化風習、夏の旬
料理実習&盛り付けレッスン/索餅・そうめん椀
ー・-・-・-・-
●葉月【和食卓の変遷・古代~平成】
講義/和食卓の変遷体験
料理実習&盛り付けレッスン/水ようかん・フルーツ白玉
水無月 6/14(金)6/15(土)
午前
10:00-13:30
文月 7/19(金)7/20(土)
午前
10:00-13:30
葉月 8/23(金)8/24(土)
午前 ※第4週
10:00-13:30
長月 9/20(金)9/21(土)
午前
10:00-13:30 ●長月【重陽お月見・秋の風流行事を楽しむ】
講義/重陽お月見の和食卓文化風習、秋の七草
料理実習&盛り付けレッスン/お月見団子・衣かつぎ・菊酒
ー・-・-・-・-
●神無月【芋栗なんきん秋の旬・基本の和食器】
講義/秋の旬、和食器の基本
料理実習&盛り付けレッスン/栗の甘露煮・大学芋・南瓜そぼろ煮
ー・-・-・-・-
●霜月【秋の保存食と味噌味比べ・年の瀬の伝統行事】
講義/秋の保存食の和食卓文化風習、味噌、年の瀬の年中行事
料理実習&盛り付けレッスン/味噌作り・干し柿
ー・-・-・-・- ●師走【正月①おせち料理・新春の植物】
講義/正月の和食卓文化風習、新春の植物
料理実習&盛り付けレッスン/伊達巻・菊花かぶ・南部雑煮
神無月 10/18(金)10/19(土)
午前
10:00-13:30
霜月 11/15(金)11/16(土)
午前
10:00-13:30
師走 12/20(金)12/21(土)
午前
10:00-13:30
授業料金 2019年限定・特別価格
●受講料  各月 12,000円のところ→特別価格9,000円(消費税別)×12回
   ●入会金  20,000円のところ→特別価格10,000円(認定料込み、消費税別)体験参加は受講料のみ
支払方法
初回・体験参加=銀行振込(三菱UFJ銀行)・クレジットカード、毎月=銀行口座振替
   講座終了後にテスト(日程は別に設定します)と面談を行い、合格者に認定証をお渡しします。
お申し込みはこちら

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。