ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

for foreigners
日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ
日本和食卓文化協会のインスタグラムはこちら

2020年7月13日(月)

七夕を【そうめん椀】で祝う

七夕の伝統行事食といえば、そうめん。

でも普通のそうめんだと、ふだんのケの日と何も変わらない。

 

というわけで、我が家の七夕の伝統行事食の定番はこの三つ。

①鶏団子のそうめん揚げ

②オクラ長芋とうもろこしの七夕酢のもの

そして、これ、

③七夕そうめん椀

輪にしたシシトウの中にそうめんを通して茹でたものを椀だねに、

ゆでて太目の輪切りで星に見立てたオクラを椀妻に、

そして夜空に見立てた茗荷を吸い口にした、この七夕そうめん椀。

めんつゆでいただくケのそうめんとも、我が家の定番・黒酢醤油和山椒でいただく10分ランチそうめんともまた違う、

ちょっと気取った、ハレの日のそうめん。

「またそうめん?」と言われないために、たまにはこんなお椀もいかがでしょうか?

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。