ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

for foreigners
日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ
日本和食卓文化協会のインスタグラムはこちら

2020年5月23日(土)

柏や麦を発見!休校散歩にて

子どもたちの休校が始まりもう3ヶ月。

最初のうちは、私の食材の買物についてくるのが散歩だった子どもたちですが、

日々報道で、子どもを買物に連れて行くことを非難されていたため、

怖くなってしまった子どもたち。すっかり引きこもってしまいました。

 

でも体力の衰えも困るので、天気の良い日の午前はちょっと遠くまでお散歩に。
2・3時間かけてのんびり季節のお花を見ながらのお散歩です。

 

いつも通っている緑道ですが、いつもは自転車、あっという間に通り過ぎます。

ゆっくり歩いているといろんなことを発見!

あれ、麦が生えている。
これは、柏餅の葉っぱ(槲の葉)だ!

もう紫陽花が咲き始めているね。

 

そんなことを感じながら散歩が出来るのは、休校だからこそ。

 

【我慢我慢】と報道しているけれど、我慢ではない。

今は【辛抱】のとき。

 

辛さを抱きかかえて、今を前向きに過ごすときなんだと思います。

 

 

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。