ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

for foreigners
日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ
日本和食卓文化協会のインスタグラムはこちら

2020年2月4日(火)

節分商戦・大歓迎♪

節分も恵方巻の風習は、もともと関西の一部地域での伝統料理。

縁のなかった地域の人には、どうも”エセ伝統料理”と、怪しまれているらしい。

 

広まったきっかけが、海苔業界の販売戦略&コンビ二商戦であったゆえの誤解なのですが、

恵方巻には何の罪のありません。

 

それどころか、

忘れられつつあった節分の風習を、平成の時代に一般化させたその功績は絶大!

私は恵方巻に大感謝でございます!

 

しかも、恵方巻には、

●福を巻き込む

●縁を切らない

●福を逃がさない

●七福の具

●厄除けの五色

●歳神さまがいる恵方を向いて

と、伝統行事食に相応しいポイントがたくさん♪

これってすごく大事で、素敵なことなんです。

 

最近スーパーでみかけた、このお菓子。

【節分・鬼に金棒ケーキ】

ずーっと気になっていて、とうとう買ってしまいました!

中身はというと・・・・

ただ単に細長い、というだけの、普通のケーキ。(チョコは撮り忘れました!)

一応、ナッツでごつごつ感は表している、ようです。

 

でも、面白い!

細長く作ったら、金棒っぽくなるから節分に・・・

という発想がちょっと嬉しい♪

 

こんな、こじつけでも、伝統行事を感じるきっかけになるのなら、私は大歓迎!

もっともっと、伝統行事を楽しめる商品アイデア、お待ちしていまーす。

 

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。