ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

for foreigners
日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ
日本和食卓文化協会のインスタグラムはこちら

2020年2月4日(火)

ミニ神社で豆まきを:令和初の節分

日本和食卓文化協会のある、東京・世田谷の梅ヶ丘の住宅街の中に、

杓子稲荷神社というちっちゃな神社があります。

 

毎年節分には豆まきがあり、狭い境内にたくさんの近所の方がやってきます。

 

おしるこや甘酒、子どもたちにはジュースやお菓子を振舞ってくださり、

みんなで豆まき、「鬼は外、福は内」をした後に、

5円玉が入った福豆を配ってくださいます!

 

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。