ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

for foreigners
日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ
日本和食卓文化協会のインスタグラムはこちら

2020年1月22日(水)

節分には福豆椀を

節分には恵方巻。

これだけでも作るのに時間かかるし、いろんな具が入っているから、

ほかには汁物があれば充分!

 

というわけで、

我が家は恵方巻の時には、いつも【節分福豆椀】

といっても、鬼に投げる、あの福豆が入っているのではなくて、

お椀の具は玉子豆腐か小さめの絹ごし豆腐と白玉麩。

 

玉子豆腐で枡を、白玉麩で福豆を表した、私オリジナルのお椀。

柚子や三つ葉で味のアクセントに。

 

チュルン、トロンとした口当たりで、子ども達に大好評なお椀です。

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。