ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

for foreigners
日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ
日本和食卓文化協会のインスタグラムはこちら

2019年11月11日(月)

祝!復活・亥の子祭り

旧暦10月の初亥の日は、玄猪の日・亥の子祝の日。

今年令和元年は11月10日です。

西日本の風習で、昔は亥の子祭りといって、子ども達が縄に石をつけて、

♪いーのこ、いのこ、いのこ餅ついて、繁盛せい、繁盛せい♪

と歌いながら道路を叩き、各家家を回りお菓子や亥の子餅をもらったとか?

繁盛せいってことは、厄除けや子孫繁栄だけでなく、商売繁盛のお祭りでもあったのでしょうね。

 

でも、舗装道路が傷むという理由でなくなってしまったとか。

 

ところが、数年前から、広島でこの大亥の子祭りが復活したらしい↓

https://fukusuke.tokyo/archives/23888.html

ぜひ一度この目で見てみたいお祭りです。

 

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。