ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

for foreigners
日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ
日本和食卓文化協会のインスタグラムはこちら

2019年9月22日(日)

彼岸花とリコリス

秋のお彼岸に咲く彼岸花。

昨年の今頃、花屋で白い彼岸花の切花を見つけ、店員さんに

「彼岸花の切花は珍しいですね。」

と言ったところ、

「これはリコリスです。」

リコリスといえば、ヨーロッパではキャンディやグミになっている、かなり独特の甘い味を思い出す。

あのリコリスはこの彼岸花のヨーロッパ種?

なのかとびっくりしていました。

 

というのは、彼岸花の根には毒があるから。

リコリスは日本で言えば漢方薬のようなもの。

毒と薬が一緒????

 

実は、リコリスはリコリスでも、キャンディの方のリコリスはマメ科の植物で、

日本で言えば甘草のこと。そう、本当に漢方薬。

彼岸花に似たリコリスは、彼岸花の園芸品種だそうな。

納得、です。

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。