ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

for foreigners
日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ
日本和食卓文化協会のインスタグラムはこちら

2019年7月9日(火)

【湯のみ】の始まり①

今のような筒型の【湯のみ】が、いったいいつ始まったのか?

明確な記述は見られません。

ですが、【鮨湯のみ】の始まりは、明確です。

押し鮨が関西で生まれ、それが関東に伝わり、にぎりの江戸前鮨になったのが、

1673年から1681年頃の延宝年間と言われています。

その江戸前鮨で、約150年後の文政年間(1818年~1830年)に『すし屋華屋与兵衛』が、心得があった茶道を生かし、お口直しとなり鮨がますます進むお茶を、屋台の鮨とともに出したのが人気となり、あの大ぶりの鮨屋特有の茶碗・鮨湯のみが始まったのです。

では、なぜあの【筒型】なのでしょうか?

それは・・・

江戸前鮨のお茶の目的が、口をさっぱりさせ、油っぽい鮨をもっとたくさん食べることが出来る

『お口直し』

であったことと、

 

華屋与兵衛さんに、

『茶道の心得があった』

ことが大きいように思います。

 

それは・・・

②に続く。

 

※関連ページ

【湯のみ】と【汲み出し】←コチラ

【湯のみ】の始まり①←コチラ

【湯のみ】の始まり②←コチラ

石へんの【茶碗】と、木へんの【椀】←コチラ

お茶を飲むのに【湯のみ】とは、これいかに? ←コチラ

 

 

 

 

 

 

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。