ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

for foreigners
日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ
日本和食卓文化協会のインスタグラムはこちら

2019年7月4日(木)

講演会の鳥取土産①日本酒のおとも

偶然たまたま、鳥取からの講演依頼でしたが、私は隣の島根県雲南市生まれ。

島根の中でも鳥取寄り。

空港も出雲空港・米子空港両方利用しているし、松江市内には鳥取の名産品もたくさん。

食べ物も言葉も、かなり近く、お土産とはいえ、慣れ親しんだ食べ物が鳥取には実はたくさん。

今回選んだお土産のメイン、鯖の【吾左衛門鮨】は米子のお寿司。

米子空港を利用する時には必ず買う大好きな逸品。

でも人気なので夕方にはもうぜったいに売り切れ。

なので鳥取空港に着いてすぐに買ってしまいましたが、すでにラスト一個!

良かった~残ってて。

 

そして、鳥取といえば【とうふちくわ】。

つまみにぴったり【ホタルイカの醤油漬】も買ったので、にはやはり日本酒でしょ、と、可愛い因幡のシロウサギのイラストのカップ酒【諏訪泉】も。

 

日帰りでしたが、帰宅後はこの鳥取の美味で楽しい時間を過ごせました。

 

 

 

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。