ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

for foreigners
日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ
日本和食卓文化協会のインスタグラムはこちら

2019年7月3日(水)

松陰神社で【夏越の祓・茅の輪くぐり】

6月30日は、夏越の祓。

京都では一般的でも、関東ではあまり馴染みのない、この伝統神事。

その神事が、協会のすぐ近所の松陰神社でも行われていることをつい最近知り、

ちょうどキッズ講座の日であったことから、この日は内容を少し変え、途中で松陰神社へ。

茅の輪くぐりを参加の子どもたちとともに初体験!

半年の厄落としと、残り半年の無病息災を祈願してきました。

せっかくだから、茅の輪飾りを買い、厄除けの形代・人形も奉納し、御札もいただきました。

さっそく協会に飾ってあります。

来年から、毎年の習慣にしよう!と、きめました。

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。