ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

for foreigners
日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ
日本和食卓文化協会のインスタグラムはこちら

2019年2月19日(火)

菱餅作りを体験!世田谷の民家園にて

協会がある東京の世田谷は、二十三区の中では神奈川寄りののんびりとした住宅街。

環八の外側あたりには今でも農家さんがチラホラ。

 

区が保存し公園としている昔の茅葺きの民家園もふたつあり、

その中のひとつ、高級住宅地の成城学園前駅から徒歩15分というゼイタクな場所に、

次太夫掘(じだゆうぼり)公園民家園はあります。

先日の日曜日に菱餅作りがあるというので、娘たち連れて参加。

見るだけと思っていましたが、「切る?」とのお誘いにラッキー♪

餅をのす木型も、菱形にする木型も、この民家園で手作りしたものとのこと。

 

協会の餅つき機は一升用。

この量で作れる菱餅の大きさを調べ、型を興し、来年には協会講座でも菱餅を作れるよう、

型作りがんばります!

 

公園のボランティアの皆様、貴重な体験をありがとうございました。

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。