ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

for foreigners
日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ
日本和食卓文化協会のインスタグラムはこちら

2019年1月24日(木)

恵方巻は手作りしよう!

廃棄処分問題で、悪者扱いされている恵方巻。

でもでも、恵方巻は悪くない!がんばれ恵方巻!

日本和食卓文化協会は、恵方巻の大応援団です。

というのも、私が和食卓文化講座を始めた11年前は、

恵方巻すでに知られ始めてはいましたが、ドア飾りなど節分祝飾りも

花売り場でひっそり売られていたのですが、

恵方巻効果で、今ではメインの売り場にどーんと置かれるように。

これだけでも、恵方巻の伝統行事復活の活躍がわかります。

 

さて手作り。

今年から、おうちで手作り恵方巻に力を入れているスーパーも現れましたが、

我が家も、日本和食卓文化協会も、

毎年この時期には必ず恵方巻を手作りします。

 

しかも子どもでも食べやすい、

【ハーフサイズのミニ恵方巻】です。

これ、おうちで作るのにとてもぴったり。

 

かまぼこも棒状に切ればぴったりサイズ、

キュウリも半分に切ってから棒状にすればこれもぴったりサイズ、

家庭の玉子焼器で作る玉子焼も棒状にすればぴったりサイズ、

とハーフサイズはなんて使いやすく便利。

 

恵方巻は買わずに手作り!が、

これからのトレンド、です。

 

2月15日(金)16日(土)10:00~13:30の

【日本和食卓文化マイスター初級講座】は、

節分・立春、二十四節気、八百万の神様の和食卓文化の学びと、

手作り煎り福豆・ミニ恵方巻・立春椀を作り、和食器で盛り付けスタイリングレッスン。

 

如月2月、弥生3月クラスまでに初級体験参加お申込みの方は、

12,000円→9,000円(税込み9,720円)の特別価格。

 

クラス内容詳細お申込はホームページ←クリック

ブログにも詳細掲載中←クリック

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。