ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

for foreigners
日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ
日本和食卓文化協会のインスタグラムはこちら

2018年11月22日(木)

日本は【まごわやさしい+くに】

【まごわやさしい】

聞いたことある方も多いでしょう。

 

これを食べているとカラダに良いという相言葉。

ま・・・豆・豆腐類

ご・・・胡麻・ナッツ類

わ・・・ワカメなど海草類

や・・・野菜

さ・・・魚

し・・・椎茸・きのこ全般

い・・・芋

 

我が家は小学生の子どもがいるので、これに+で、

 

く・・・果物

に・・・肉

 

日本は【まごわやさしい+くに】

で、料理しています。

 

でも、豆が苦手な子もいるし、きのこの中にも好き嫌いもあって、

姉妹でも好みが違ったりで難しく、

また何よりも、全体に地味目な料理になりがち。

 

私の子どもの頃は、昭和の三世代同居だったので、

まさにこんな食卓。

ドラマチックな華やかさに欠けるのが難点です・・・

 

【まごわやさしい+くに】を、いかにドラマチックに仕上げるか?

を目標に日々頑張っております。

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。