ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

for foreigners
日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ
日本和食卓文化協会のインスタグラムはこちら

2018年11月9日(金)

幻となった【梅林堂の黄金餅】

酉の市の【黄金餅】は、江戸時代頃の名物菓子だったとのこと。

 

最近は最中タイプの黄金餅が復活した、とのことですが、

江戸時代当時の粟餅タイプの黄金餅は、今はもう無い!らしく。

 

あきらめられない私。

調べたところ、

浅草からやや離れた埼玉で、幅広く店舗を展開している老舗の和菓子屋が、

黄金餅を販売しているらしい?

 

【梅林堂】さっそくネット検索。

おー、この店!

埼玉に仕事で行ったときに、街道沿いでよく見かけた和菓子屋だ。

 

電話で問い合わせしたところ、

若い女性従業員さん、「コガネモチ???」

もう今では作っていないとのこと。うーん、残念。

 

都心のデパートに行き、和菓子屋さんを見て回ったけれど、

黄金餅、見つからず。

せっかくの日本の関東の霜月の年中行事の伝統菓子なのに、

ああ、なんだかもったいない・・・

 

今の日本人では知る人少ないのは事実だけど、

それを普及させるのも、和菓子屋の大事な役割なんだけど、な。

ぜひ、復活を願っております。

 

仕方ない、酉の市で最中黄金餅ゲットに懸けさせていただきます。

 

 

 

 

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。