ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

for foreigners
日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ
日本和食卓文化協会のインスタグラムはこちら

2018年8月22日(水)

【餅菓子LOVE】松江の抹茶もち~不昧公二百年祭

今、松江では不昧公二百年祭が行われており、お抹茶や和菓子のイベントがたくさん。

それに合わせて、各和菓子屋や地元の食品会社が、抹茶味の新作餅菓子を開発しています。

 

この夏、初めて見た、抹茶味の餅菓子たちの中で、気になって購入した二種がこれ↓

【抹茶わらび】と、【抹茶ホイップ餅】

 

抹茶わらびは、抹茶味しっかりで冷凍。3時間常温に置いてからいただくタイプ。

わらびのプルプル感というより、もう少し柔らかめの食感。

きな粉でいただきます。

 

抹茶ホイップ餅は、抹茶の苦味控えめ。

大人にはもう少し抹茶味強めが良いかな。

でも子どもには大好評。

 

最近はコンビニでも、餅菓子デザートがいろいろあり、

またこれがなかなか、美味しい!

 

次回はこの夏のコンビニ餅菓子のお話を・・・。

 

【抹茶わらび】評価 ★★★☆☆

【抹茶ホイップ餅】評価 ★☆☆☆☆ →小学生女子には★★★★☆

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。