ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

for foreigners
日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ
日本和食卓文化協会のインスタグラムはこちら

2018年7月20日(金)

【プレキッズ講座風景7月】親子で作る七夕和食卓育弁当で天の川仕立て♪

7月の【親子和食卓育プレキッズお弁当講座】のテーマは七夕。

そうめんを衣にしたカボチャコロッケ、お星様に抜き胡麻と青海苔で天の川に見立てた物相ご飯。

梅干しと大葉を巻いて焼いた鶏肉に、オクラコーン長芋の七夕酢のもの。

そして牛乳とオレンジジュースで作ったゼリーの天の川仕立て。

 

お母さんをアシスタントに、切ったり混ぜたり丸めたりと、頑張る子どもたち。

旬のお野菜と七夕のランチョンマットと箸置で、旬と伝統行事を感覚で学びます。

 

自分で選んだお弁当箱に、自分で考え盛り付すれば、不思議なことに

苦手な料理も食べられたりすることもあるのです。

 

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。