ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

for foreigners
日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ
日本和食卓文化協会のインスタグラムはこちら

2018年6月7日(木)

【キッズ講座風景6月】梅雨は保存食!遠州ちまき・青梅カリカリ漬・赤紫蘇ジュース作りと和食器を学ぶ

6月の【日本和食卓育キッズアンバサダー講座】は、毎年恒例、保存食!

いつもはお団子を笹で包む、出雲の笹巻きを作るのですが、

今年は中華粽に近い、静岡・掛川の遠州ちまき作り。

そして梅雨時のお約束の梅しごと第一弾、青梅カリカリ漬と赤紫蘇ジュース仕込み。

この赤紫蘇ジュース、毎年毎年このキッズ講座で作っていて、

たまには違うものでも、と別メニューを考えていたのですが、

子ども達の「赤紫蘇ジュースがいい!」

の熱烈な思いに答えて、今年も・・・

そして青梅カリカリ漬と、少し手間のかかる遠州ちまき作り。

 

いつものお勉強タイムは、日本の三大和食器、漆器・陶器・磁器の歴史と今までのお話。

そして、日本全国のちまき地図。

これを見ると、ある特長が見えてくるのです・・・

 

来月7月は七夕がテーマです。

 

 

 

 

 

 

 

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。