ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

for foreigners
日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ
日本和食卓文化協会のインスタグラムはこちら

2018年5月18日(金)

【キッズ講座風景5月】端午の節句料理に挑戦!鰹・山菜・柏餅

5月の【日本和食卓育キッズアンバサダー講座】は、端午の節句。

今まで柏餅や野菜山菜料理は作っていましたが、今年初めて魚料理にも挑戦♪

春の旬の魚介を学び、端午の節句にふさわしい、鰹の生姜煮を。

「お魚~・・・・」と、苦手で消極的だった子も、一口食べて「美味しい!!!」

ツナ感覚で食べられ、生姜で臭みも減るため、鰹の生姜煮は魚苦手克服にぴったり。

 

4月の講座で名前を勉強した、こごみとワラビ。

茹でて冷凍しておいたこの山菜で炊き込みご飯も作ります。

そして、アスパラガスの胡麻和え。

みんな立身出世を願う端午の節句にちなんだ料理たちです。

 

もちろん、料理だけではなく、端午の節句の意味いわれや飾りも学ぶのが【和食卓育】

来月6月は、保存食を作ります。

 

昨年・平成29年6月のクラスの様子は←コチラ

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。