ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ

2017年9月8日(金)

重陽の節句②粋な【菊の被せ綿】

9月9日重陽の節句の行事の一番のメインは、この

【菊の被せ綿】

被せと書いて『きせ』と読みます。

実際には、綿をかぶせるので字はそのままを表しているのですが、

それを『きせ』と読むのが、粋だと思います。

かぶせてはいますが、菊に綿を『きせている』ですよね?

本当に素敵な表現方法で、日本語の美しさを感じます。

 

もう10年近く、毎年被せ綿をしています。

初めの頃は、1本菊に綿をすべて被せていました。

が、せっかくの菊が隠れてしまい、もったいないなと感じ、

スプレー咲きの菊の一部だけ被せてみたら、これが美しい♪

 

以来、毎年、スプレー咲きの色を変え、種類を変え、被せ綿を作っては写真に撮って楽しんでいます。

さて今日もお花屋に。

今年はどんな菊に綿を被せようか?

その写真は、【日本和食卓育キッズアンバサダー講座】の9月10日のクラスの様子写真をお楽しみに・・・

 

講座案内←クリック

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。