ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ

2017年3月13日(月)

お祝い事に欠かせないお赤飯に飾る植物は何?またその意味は?

お赤飯。日本のお祝い事には欠かせない伝統食です。

このお赤飯をお店で買ったり、いただいたりしたときに、上に乗せてある植物・・・

それは『南天』

 

赤いお赤飯の上に緑の南天の葉。

見た目の美しさはもちろんですが、実はもっと大切な意味があります。

 

それは『防腐のため』

南天の葉には、お赤飯が傷みにくいという効果があるのです。

最近は透明なセロファンに南天の絵を印刷したものが、お赤飯の上に乗っていたりしますが、

これでは本来の意味がありませんね!

家内でお祝い事があったら、親しい方にお赤飯を、この南天の葉を添えておすそ分け。

幸せを分け合い、難が幸運へ転じますように・・・粋な日本の風習です。

 

【Q8お赤飯の植物のこぼれ話:お赤飯の豆って実は?】

知りたい方はメルマガ登録へ!

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。