ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ

2017年10月9日(月)

香れども姿は見えぬキンモクセイ

神無月になると、ほのかに香り漂う金木犀・キンモクセイ。

かなり離れたところまでもただようからか、香れどもその姿、木が近くに見えないことが多いので、

子どもにはなんだか不思議なお花。

私が通っていた小学校の校庭で、運動会のころに毎年咲いていました。

キンモクセイは小さな花が、花びらだけでなく花ごと散るので、

針と糸で真ん中の穴を通し、首飾りにしていた遠い昔の楽しい記憶。

 

香りと季節の風と10月の気温。

五感とともに思い出すキンモクセイ。

 

毎年その季節だけの旬は、こういった五感の記憶、すべてと合わさって

一生の感覚になっていくのだと思う。

 

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。