ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ

2017年9月23日(土)

秋のお彼岸③おはぎの由来は花?葉?

お彼岸のお供えの定番・おはぎ。

おはぎ=お萩。秋の七草のひとつ、萩を意味します。

文献などによると、おはぎの由来は、萩の花となっていて、

ずっと、花???と疑問でした。

花ではなく【葉】のような・・・・

あの丸っこい楕円の葉の形。まさにおはぎ、だと思うのです。

 

協会のすぐ近所のお庭には萩が植えてあり、

もうすぐ開花と楽しみにしていた矢先に、バッサリと剪定されてしまい、涙涙。

確かに道にかなりはみ出していて、夜道を歩いていたら萩の葉がぶつかるくらいでしたが、

残念でなりません!

 

ちなみに、

銘菓・萩の月で有名な仙台の萩の葉は、先がとがった楕円形なのだとか。

となるとおはぎもとがっている?

という情報は、聞いたことありませ~ん。

 

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。