ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ

2017年9月8日(金)

重陽の節句①新暦と旧暦

9月9日は重陽の節句。
でも本当の暦、旧暦だと今年は10月28日。なんと二ヶ月近くもズレがあります。

重陽は菊の節句なので、本来は菊の見頃の頃。
毎年今の太陽暦9月9日に合わせて、協会講座のクラス設定をしていますが、気分的には早すぎる感じがしています。
他の節句は、旧暦で祝うことも多いのですが、この重陽、
五節句の中で一番マイナーなので、新暦でも知らない人が多く、
そのため旧暦で祝うなんてことはほとんど無く!

明日が重陽。
暑さは例年よりは穏やかですが、やはり『暑さ寒さも彼岸まで』
本当の秋はお彼岸から始まる気がします。

9月10日(日)の【日本和食卓育キッズアンバサダー講座】は、

『重陽お月見お彼岸:秋の伝統行事を楽しむ』です。

講座案内←クリック

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。