ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ

2017年8月7日(月)

枝豆の季語はなぜ秋?

枝豆と言えばビール、そしてテレビでプロ野球観戦!

これが昭和の夏の風景だった気がする・・・

最近は春頃から枝豆は当たり前のように店頭にあり、

冷凍ならばもちろん一年中。

私は基本は枝付き枝豆派ですが、それも早ければ5・6月頃から出回っています。

 

でも枝豆の地物の本当の旬は立秋過ぎた今!

ちょうど旧暦お盆の頃。

だから、暦の上では秋なので、枝豆は秋の季語なんだとか。

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。