ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ

2017年8月7日(月)

まったく実感のない【立秋】なり

昨日が二回目の土用丑の日だったこともあり、

今日が【立秋】

二十四節気の暦の上ではもう秋、ってまったく実感がわきません!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

今年の夏は猛暑との予想が見事にあたり、ほんとに猛暑・・・

ますます立秋の立場無し。です。

 

そういえば、暑中見舞いから残暑見舞いと変わるのは、

旧暦お盆という説もあれば、立秋という説もある。

私的にはお盆が過ぎると、夏休みももうすぐで終わる気分になるため、

気持ちは一気に残暑に突入。

やはりお盆過ぎたら残暑見舞い。

(あくまで一個人の感想です!)

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。