ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ

2017年6月19日(月)

つまものって何?

私は日本料理を生業とする家に生まれ育ち、料理撮影のスタイリングの仕事に就きました。

【つまもの】の存在を、子どもの頃からごく当たり前に感じていましたが、

これは一種の業界用語であることに、ごく最近気づきました。

たとえばお刺身のつまもの。

大根のかつらむきを千切りにしたものがその代表格で、大葉・紅たで・穂紫蘇・菊の花・ぼうふう・わさびなどがつまものにあたります。

お寿司ならば、仕切りに使うハラン。

昔は飾りハランといって、職人さんがいろんな形に切ったりもしていましたね。

お弁当の仕切りになっている、セロハンの緑色のギザギザしたものは、

【バラン】といって、ハランを似せて作ったもの。

 

季節の植物の、キレイなところだけをパックしてあるのもつまもの。

春なら桜、秋なら紅葉など、季節を表す大事な脇役。

 

日本料理屋が多い地域の八百屋やスーパーに並んでいて、

築地にはもちろん、このつまものを専門に扱う、【つまもの屋】もあります。

 

四国や東北の山中に入り、きれいなつまものを探し出しつまもの屋に売り、

家を建てたおばあちゃんもいるくらい、

きれいなつまものは、たいへん貴重で高価で取引される、【金のつまもの】なのであります。

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。