ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ

2017年6月17日(土)

水ようかんの美味しい食べ方は?

肌寒いかと思えば、蒸し暑かったりと、すっきりしない梅雨の時期。

私は水ようかんがむしょうに食べたくなります。

けれど、実は、いろんなお店で買って食べてみても、いつも『・・・』

 

いままでに食べた水ようかんで、

『美味しい!』

と感動したのは、片手で数えるくらい。

 

その感動する水ようかんには、ある共通項がありました。

 

それは・・・

日本料理屋さんのデザートとして出される、水ようかん。

和菓子屋さんではありません。

 

つまり【できたて】

そして、持ち帰る和菓子ではないから【柔らかめ】

 

この二つが、水ようかんの美味しさの秘訣!

とくにできたて、が一番。

 

自分で手作りするとわかりますが、水ようかんって、出来立てと翌朝では、味は別モノになるのです。

 

ぜひ一度手作りを試してみてくださーい。

 

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。