ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ

2017年5月22日(月)

5月に笹チマキは作れない?

西日本の端午の節句の伝統食といえば、粽(ちまき)。

竹の皮で包むものもありますが、もっと身近に手に入る笹の葉で包む方が一般的。

DSC_0034

この笹の葉、今は塩漬けの真空パックがあるので、一年中作れますが、

生の葉で包むならば、季節は6月。やはり旧暦の端午の節句の頃。

 

新暦の節句の頃、5月初旬に笹はもう生えてきてはいるのですが、

まだまだ小さく、とても包めるだけの大きさには成長していないのです。

 

6月に入ったころに、ちょうど良い大きさになり、

またまだ若い葉なので、緑がみずみずしい!

七夕を過ぎ、真夏になると、暑さで先端が茶色や白になる笹もチラホラ。

 

端午の節句の粽は、笹の一番美しい時を料理する、

【笹の旬の料理】と言えるのです♪

伝統行事の料理は、本来はその時期にちょうど旬を迎える食材を使うのが、

冷蔵庫のなかった時代では、ごく当たり前で自然なことだったのですね。

6月に入ったら今年も笹を取りに行く予定。

 

この旧暦端午の節句の出雲の粽・笹巻き作りと、日本各地の植物で保存する食品の和食卓文化マイスターの、

1day講座は6月3日(土)、6日(火)の二日間。

詳細は→6月の日本和食卓文化マイスター1day体験講座は笹巻き作り

 

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。