ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

for foreigners
日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ
日本和食卓文化協会のインスタグラムはこちら

2018年8月13日(月)

今日から旧暦お盆:馬と牛

旧暦お盆が始まり、お盆の室礼。

茄子とキュウリに麻がらを挿し、馬と牛に仕立て、盆菓子をお供えし、ほうずきを飾る。

この馬と牛は、ご先祖様のお迎えの車。

13日に帰っていらっしゃるときはキュウリの馬で素早く、16日に戻られるときは茄子の牛でゆっくりと、お戻りください、そんな意味のお車。

 

キュウリのお尻の尻尾。

これは何でできているかわかりますか?

とうもろこしのヒゲ、なんです。

 

先日新宿のJA東京アグリパークで、このお盆ディスプレイもしていましたが、その時の親子連れのお客様。

6歳の男の子が、とうもろこしのヒゲ!と見事に当てました。

 

こんな子どもが、当たり前な日本になることを目指して、

【日本和食卓育キッズアンバサダー講座】【親子和食卓育プレキッズお弁当講座】で、

子ども達に【和食卓育】を教えています。

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。