ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

for foreigners
日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ
日本和食卓文化協会のインスタグラムはこちら

2018年8月8日(水)

いきなりの【立秋】

昨日8月7日は、二十四節気の【立秋】

いつもなら、暦の上ではもう立秋、と言うところですが

昨日の東京は、『さ、寒い・・・』

びっくり、でした。

 

夕べは久しぶりにエアコンなし、窓を開けて自然の風で就寝。

とはいえ、近づいている台風が去れば、また、猛暑がやってくるのでしょうね。

 

7月のキッズ講座も、台風に当たった日は延期となってしまいました・・・

そろそろ、トンボの季節。

先日、学校行事で日光に行った娘は、このトンボをたくさん見てきたとのこと。

 

トンボは目の前で指をくるくる回すと捕まえられる・・

と先生に聞いて、実行したお友達は本当に捕まえたとか?

 

なんで?と聞く娘。

昔から言われているけれど、ほんとにアレでトンボの目が回るのだろうか・・・?

 

 

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。