ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

for foreigners
日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ
日本和食卓文化協会のインスタグラムはこちら

2018年6月21日(木)

梅しごと第三段:青梅砂糖漬作り

6月初めの【日本和食卓育キッズアンバサダー講座】で、小学生たちが作った青梅カリカリ漬。
傷みやキズがある梅を除いたら、結構な数に。

捨てるのはもったいないけど、漬けるには・・・
というので、今回久しぶりに『青梅砂糖漬け』を漬けることに。

何年か前にも作ったけど、以来作っていなくって、
でも作り始めて思い出してきた・・・・・・

そう、傷んだ部分を除き、種も除くんだけど、これがけっこう大変だったんだ!
で、しばらく作っていなかったんだな。
のど元過ぎれば熱さ忘れる、で、すっかり忘れていた。
でも手間かかっただけあって、青梅もおいしく、できたシロップも炭酸で割ったり牛乳に混ぜたりと堪能中!

もうすぐ無くなりそうなので、次は完熟梅でシロップを作ろう。

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。