ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

for foreigners
日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ
日本和食卓文化協会のインスタグラムはこちら

2018年4月25日(水)

桜から初夏の和菓子に衣替え

4月も二十日を過ぎると、春から一気に初夏の風に。

我が家も今年初!のクーラーをすでに稼動済み。

 

この間までは、桜一色だった和菓子屋のお菓子たちも、

つつじ・山吹・藤など、この季節のお花の意匠に変わり、初夏の装いに。

桜と比べると、どうしても地味、ではありますが、

この季節を華やかに彩ってくれています。

和菓子屋に行って、どのお菓子がなんのお花なのか?

想像しながら選ぶのもまた楽しい!です。

 

ちなみに写真の主菓子は、つつじ、を表しています。

 

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。