ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

for foreigners
日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ
日本和食卓文化協会のインスタグラムはこちら

2018年2月15日(木)

初穂料?or御玉串料?

協会設立二年目前に、神社の祈祷に行ってきましたが、いつも祈祷料の包みで迷うのが、この

【初穂料】か、【御玉串料】か。

 

いつも同じ神社で祈祷しているので、初めての祈祷のときに恐らく神社に確認した上で、

私が書いていたのは、御玉串料。

今回、この二つの違いに疑問を抱き、めずらしく『調べて』みた。

 

祈祷して御札やお守りをもらうときは初穂料、なのだとか?

あれ?いつも御札もお守りも、神社の名前入りのありがた~いお砂糖ももらっている。

てことは、御玉串料でなくて、初穂料だったの?

神社に確認していたはずなのに、ショック!

 

せっかく調べたのだし、と、今回は初穂料と書いて持参。

ところが・・・

祈祷料を包んで来なかった人のために神社で用意してあった袋には・・・

【玉串料】

 

うーん、どっちでも良いってことか。それとも八幡神社はそうなのか?

日本の伝統文化には、こういったところがとても多くて、決まりがすごくある割には、

あいまいでも実はOKで、これが日本人らしさ、なのかも。

 

神社に可愛い顔出し看板が出来ていたので、記念撮影を。

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。