ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ

2017年12月9日(土)

求む!ちっちゃい柚子

黄色い柚子が美しい師走となりました。

近所のお庭に柚子の木があり、小さめの柚子がたわわに実っているのを見ると、毎年思うのです。

「あー、もったいない!」

 

お店に並ぶ柚子って、大きすぎる!

小さい柚子はいったいどこに流通しているの?

 

冬至の柚子湯用の柚子だって、食べてもいいくらい大きくてきれい。

お風呂なんだから、傷ありのちっちゃいのでよいのに。

 

なぜ私が小さい柚子を欲するか?

理由は簡単、【柚子窯】にしたいから。

 

中をくりぬいて器として使いたいので、お店の大きな柚子では可愛くない!!!

しかも、できれば柚子葉付きを希望、熱望いたします。

写真の柚子は、以前生徒さんのおばあちゃんちからいただいたもの。

小さい、しかも葉付き♪私の理想のタイプ。

 

家にも柚子の木を植えようか?と思いつつ、

みかんの木があるのに、一度も実がならない我が家では、

残念な結果が目に見えている?

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。