ページトップへ戻る

季節ごとにあしらう器や箸置を愛でながら、五感のすべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ

for foreigners
日本和食卓文化協会のフェイスブックページへ
日本和食卓文化協会のインスタグラムはこちら

2017年11月22日(水)

今年の二の酉は浅草へ

11月18日の二の酉は土曜日。

いつもは近い、目黒の大鳥神社なのですが、初めて浅草へ。

目黒もかなりにぎやかなのですが、比較にならないほどの熊手屋と露店、そして客。

各熊手屋も個性的で、いろんなタイプの熊手があり選ぶのがとっても楽しい!

 

せっかく浅草まで来たのだから、今年は個性的な熊手をと、

【ますます繁盛】の縁起物、枡に入った熊手にするか?

優しく可愛いさしものの【ちりめん熊手】か?

この二つに絞り値段を聞く。

結局ちりめん縁起物の、鯛のふんわり可愛さに心奪われ、今年はちりめんに。

 

露店の多さに、目当ての【切り山椒】に出会えなかったのが残念ですが、

大頭の露店を発見!

目黒では出会えなかった大頭。浅草に行った甲斐ありました♪

協会ロゴの色は、日本の伝統色の橙と墨。橙(だいだい)は、代々受け継ぐの意をもち、鏡餅にも使われる縁起物です。